「産後3か月たっても正中線が消えない!どうすればいいの?」

正中線が産後3か月、半年、1年と経過してもなかなか消えない時、このままずっと正中線が残ったままなのかとちょっと焦ってしまいますよね。

産後に正中線が消えないときは、どのようにして対処すればいいのでしょうか。

正中線の原因から消す方法を考える

正中線の主な原因は、メラニン色素による黒ずみです。

顔にできる肝斑などのシミやそばかすなどと基本的には同じ原因で、正中線の黒ずみはできてしまうのですね。

そうすると、産後になかなか消えない正中線を消す方法についてもわかってきます。

そうです。

メラニン色素による黒ずみを薄くする美白成分の入ったクリームやローションでケアをすればいいことになります。

メラニン色素を薄くする方法とは?

メラニン色素による黒ずみは、大きく分けて体の内側から消す方法と、体の外側から消す方法の2つがあります。

体の内側から正中線を消す方法

体の内側から正中線を消す方法としては、シミや黒ずみを薄くする効果のある成分が入ったサプリメントや食事を食べればいいということですね。

もちろん飲んでもいいです。

ではシミや黒ずみを薄くする成分には何があるでしょうか。

ビタミンC

シミや黒ずみを薄くする成分といえば、ビタミンCですよね。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する作用があります。

またお肌の新陳代謝を活発にして、シミや黒ずみを排出する作用もあります。

肌の弾力をよくしてくれるコラーゲンの生成を促してくれる作用もありますね。

レモンやキウイ、アセロラなど果物にビタミンCはたくさん含まれているので、これらの食品を積極的に食べたいですね。

ただ、シミや黒ずみにビタミンCの作用を発揮させようとすると、最低でも1日1000mgの摂取が必要と考えられています。

この量のビタミンCを、食事から摂り入れることは正直なところ難しいと思います。

効率よくビタミンCを摂取するなら、サプリメントの使用を考えるといいのかもしれません。

ビタミンCのサプリメントはたくさんありますので、含有量に注意して選ぶとよさそうです。

その他ビタミン

ビタミンCだけでなく、ビタミンAやビタミンEもシミを薄くする効果があると考えられています。

ニンジンやカボチャ等の緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAは、新陳代謝を良くすることでメラニン色素を排出してくれる作用があります。

また抗酸化作用の高いビタミンEや、お肌にいいとされるビタミンB群も積極的に摂取したいですね。

Lシステイン

Lシステインもシミや黒ずみを消す効果があるとよくいわれます。

Lシステインは、体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種「準必須アミノ酸」ともいわれています。

  • メラニンの生成を抑制
  • 黒色メラニンを無色化
  • 過剰なメラニンを排出
  • 肌の代謝を促進

 
お肌は約42日間で新しく生まれ変わるのですが、Lシステインはこの生まれ変わり、いわゆるお肌の代謝(ターンオーバー)を促進してくれる効果があります。

ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果を生みますので、一緒に摂取するといいですね。

体の外側から正中線を消す方法

体の外側から正中線の黒ずみ消す方法としては、美白成分の入ったクリームやローションを塗るという方法がありますね。

トラネキサム酸で正中線を消す

美白成分はいろいろとありますが、「トラネキサム酸」という成分を皆さんはご存知ですか?

「トラネキサム酸」は、資生堂によって美白成分としてクリームなどの化粧品によく利用されている成分です。

もともと止血剤として医療現場でよく用いられていたのですが、資生堂が肝斑などを薄くする美白効果があることを発見して利用してきたのですね。

なぜトラネキサム酸はシミや黒ずみを薄くするの?

シミや黒ずみの原因であるメラニンが発生するときに、メラノサイト活性化因子である「プラスミン」が深く関係していると現在では考えられています。

トラネキサム酸は、この「プラスミン」を阻害する抗プラスミン作用を持っており、その結果としてシミや黒ずみの原因となるメラニンの発生を抑制することができるのです。

メラニンの抑制を発生することで、シミや黒ずみを薄くすることができるのですね。

実際に資生堂の化粧品「haku」や「トランシーノ」にはトラネキサム酸が配合されており、シミに悩むたくさんの方に利用されています。

このトラネキサム酸を使用することで、産後になかなか消えない正中線を消すことが期待できます。

正中線を消す専用クリーム

正中線を消す専用のクリームというのはほとんど販売されていませんね。

シミや黒ずみを消すクリームはたくさんありますが、正中線専用クリームはほとんど見つけることができません。

その中でも、正中線を消す専用クリームとして「メイドバイマム」はたくさんの産後ママに利用されています。

「メイドバイマム」には、シミや黒ずみを消す作用のある「トラネキサム酸」が含まれています。

さらに保湿成分や肌荒れを防ぐ成分も含まれているので、正中線には非常に効果を発揮するのですね。

実は正中線は、妊娠中に大きくなったお腹と洋服がこすれる摩擦が原因の一つになってしまっています。

肘や膝など、よくこすれるところが黒ずんでしまうという経験をしたことはありませんか。

これと同様に、お腹と洋服がこすれて、その摩擦の刺激でメラニン色素を活性化させてしまうことも正中線の原因の一つです。

正中線を消すには、

  • 美白成分
  • 保湿成分
  • 肌荒れ防止成分

 
が含まれたクリームを選ぶようにしてくださいね。

「美白」「保湿」「肌荒れ防止」の3つの力を組み合わせることで、正中線を消す効果を発揮してくれます。

できるだけ早く正中線を消して、海水浴や温泉に行きましょう。